2803超高解像度オーディオケーブル


2803世界最高の解像度を持つオーディオケー ブルとして、トップレベルの音楽化とオーディオ愛好家、言語学研究者によって使わ れておりますが、ドイツおよびヨーロッパで権威あるオーディオ雑誌 stereoplayの May 27,1994 号で絶賛され、Absolut Pure, Beinzigen Cinchkabelreferenz(ピンプラグ・ケーブルの元器) として認定されました。以下、その評価記事の和訳です。


ピンプラグ・ケーブルによる音の差が無視できると考えている人があれば、今やその 考えを変える必要がある。日本の専門メーカー、「mogami」が供給する、外径わずか 3.7 mm の極めて特殊な同軸ケーブル「2803」に交換したとたんに、信じられないよう な音質の向上が起こった。これは、競合品との比較を、一週間もの長期間にわたって 実施した結果わかったということではなく、ただちにわかる変化である。低音は強力 になり、よけいな騒音は消え、声、ピアノ、弦楽器が驚くほど柔軟で明瞭になる一方、 多くのレコーディングで聞かれる、高域の不正確な部分が完全に消滅する。「Bruno Gelber」が録音したベートーベンのピアノソナタ(Denon "One Point": COCO 9740) では、問題だったリンギング特性なしの、まったく新しいサウンドが生まれるが、こ のリンギング特性の原因については、今まで常に、録音で使われた Bruel & Kjaer のマイクロホンが原因とされてきたものである。

2803 のキャパシタンスは 110 pF/m と、比較的低いため、その用途はクリティカル でなく、ほとんどすべての「高級」ケーブルと違って、どんな機器間接続にでも使う ことができるし、インピーダンスの高いコンポーネントにも適している。

Wiesbaden Domino Design (Tel. 0611/700165) 社が「Absolute Pure」という名前で 販売しているスーパーケーブルは、優れた Neutrik プラグ付きの 80 cm のペアケー ブルとしては、決して安い価格とは言えない。しかし、その新たな標準とも言える音 楽性、容易な取扱いと見事で注意深い製法から見る限り、小信号ケーブルの価格とし ては、完全に正当である。従って、「stereoplay」誌は、最高かつ唯一のピンプラグ ・ケーブルの標準、つまり、他のすべての競合品を評価するための元器として、 「Absolute Pure」の称号を与えるものである。我々は遂に神話でなく、現実の歴史 を持つケーブルを発見したが、この歴史については、次号に掲載の予定である。
(from the "stereoplay" May 17,1994 issue)


注:Neutrikのピンプラグというのは、ドイツの代理店が間に合 わせに用意したもので、ピンプラグそのものの音としては、当社の専用モールドプラ グのほうが優れています。

なお、ドイツでは、ピンプラグ・ケーブルのことをCinchkabeln、 つまり、Cinch Cableと呼ぶようですが、これは、アメリカや日本 でいうピンプラグ・ケーブルで、アメリカのコネクタメーカー Cinch社の製品が使われたことから転化したようです。

注意すべき点は、この評価で、「Der Bas kommt staffer」(低音は力強く)となっ ていることで、日本ですと、音程のわかる低音はダメだと思う人がほとんどですから、 やはり音楽の伝統の違いがあると思います。

なお、「2803」は決して新製品ではありません。我々の20年以上にわたる研究の蓄 積から生まれた製品で、すでに数年以上にわたって、ごく一部の専門家とオーディオ 愛好者によって支持され、使われ続けてきた製品で、高純度等の神話や流行とは無縁 な歴史を築いてきました。ヨーロッパに紹介されたのが最近だったということです。

ホームページ